所在地・電話番号メールでのお問い合わせ

 

 

操作イメージ

高まる認知機能への関心に応える「頭の健康管理サービス」

“定期的な楽しい刺激”が「頭の健康」には効果的。

利用者に適した認知機能刺激ゲームが、持続的なトレーニングを支援。

利用状況の自動集計や結果の見える化で、スタッフの負担を減らしつつ1人ひとりに寄り添う運営を実現します。

 


 

導入によるメリット

 

 

 

 

簡単操作

 

 

ゲームイメージ

実証実験での徹底した使用性検証&開発への反映がなされており、どなたでも直感的にすぐ操作できます。

 

 

特許登録:4件、公開特許:7件


 

 

情報活用

 

 

ゲームイメージ

クラウドによるデータの一元管理により、コメント入り「健康レポート」の自動生成など、見える化と業務の効率化が図れます。

 

 

特許登録:4件、公開特許:2件


 

 

作用実証

 

 

解説イメージ

東北大学にて効果のエビデンス取得・論文発表済み。一部ゲーム(スピード勝負)を学術指導のもと開発。

 

特許登録:2件、公開特許:1件
(その他ゲーム関連)
特許登録:1件、出願中:1件


※1 Nouchi, R., Saito, T., Nouchi, H., & Kawashima, R. (2016). Small acute benefits of 4 weeks processing speed training games on processing speed and inhibition performance and depressive mood in the healthy elderly people: Evidence from a randomized control trial. Frontiers in Aging Neuroscience. 8:302. doi: 10.3389/fnagi.2016.00302